ご挨拶

きいろぐみ(1才半〜3才までのお子さんのお部屋です)



きいろぐみは1才半から3才までの子どもたちのお部屋です。
歩けるようになって、行動範囲がだいぶ広くなってきた子ども達です。何でも大人の真似をしたいという年齢でもあります。
  にこにこ子どもの家では、日常生活の練習を朝の活動として取り入れ、ひとりひとりがやりたいことができる環境づくりをしています。おうちでもお母さんと一緒にできることが増えてくる年齢でもあります。


2才児はお当番をします

食事はセルフサービスです。自分の食器に盛りつけられたご飯、おかずを棚から選んで席に運びます。箸やフォークなど全てが揃ったら「いただきます」をします。


♪育児のポイント♪
沢山の中から自分の物が分かること、お盆に全て揃えることなど毎日繰り返すことで選別する、揃える、物を持ってバランスよく歩く筋肉を作る、というこの時期の成長に必要なものがこのセルフサービス方式の中におりこまれています。この年齢は、他の日常生活の分野でも子どもの育ちに大事なものが沢山あります。



玄米ご飯
とお野菜中心のおかずでは、しっかり噛むことが必要になります。良く噛んで食べる習慣は生涯を通じてとても大切なことです。


みんなで楽しいお食事

お片づけも上手にできますよ。食器を分類してそれぞれの桶に入れます。エプロンをはずして汚れ袋に入れて終了です。




元気に遊ぶ環境


舞鶴山のぼり


山頂でおべんとう

 


クライミング


ぶらんこ

   
寒い日も暑い日も一日一回は外で遊びます。抵抗力をつけて元気な体を育みます。
3才までは身体全体のバランスをとれることが大事です。
   


人参を切ってみよう


フィンガーペイント

   
様々な体験


お誕生会でのお料理


でんぐりかえし

 

子供は自ら体を使って自らを発達させます。それらを上手く援助していくのが保育士の仕事です。

 
毎日の活動 
 

 
箸の練習


お絵かき

 


お当番


てあらい

 
子ども達は園の中で日常生活を楽しんで過します。年齢を重ねる毎にできることが増えてきます。



季節の行事
 


祖父母芋煮会


年末もちつき

 


ゲーム大会


防災訓練

 
顔合わせ会コンサート、遠足、お泊会、保育参観、祖父母会、芋煮会、もちつき、そばうち、
豆腐作り、味噌作り、お抹茶教室、ドラム教室、内科健診、歯科検診、陶芸教室、ガラス工芸、ob会等
 

 

 

<空>